出会い系SNSにも詐欺はある

かつての出会い系サイトの欠点、弱点を色々と克服している出会い系SNSですが、それでもこうしたサイトにつきものの詐欺やその被害というものは無くなっていません。

出会い系サイトでは、ワンクリック詐欺などがポピュラーな詐欺手法として紹介されますが、出会い系SNSで警戒しなければいけない詐欺としては、まず「SNSから有料の出会い系サイトに誘導される」というもの。

運営側から直接サクラを潜り込ませることが出来る出会い系サイトより若干ましとはいえ、出会い系SNSにも業者のサクラは存在します。

この詐欺はそうしたサクラが利用者と仲良くなったフリをして「こっちで話そう」「訳があってこのSNSでは出来ない話が有る」などと誘導し、課金をさせようとします。

その後のサービスそのものに正当性があっても、そこに至る経緯から考えて立派な詐欺行為でしょう。

こういうタイプの詐欺は、多かれ少なかれ有料サイト登録の途中で、お金を払わせるための「クレジットカード番号」や「保険証番号」などを聞いてくる場面が有ります。

「なんでこんなことを聞いてくるのだろう」と思ったら即座に手続きを中止して、以後関連メールは一切無視するのが鉄則です。

こうした詐欺手法は、大体の場合システムで自動化され、魚の産卵のごとく大量にばら撒かれています。

柔軟な対応などは当然出来ませんので、敢えてこちらから何か問いかけてみるのも判別の手法としては良いかも知れません。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ